2015年03月30日

CBR1100XX 車検に一苦労

SBBの車検時期が近づいて来た。
前回2年前の車検は、2りんかんに任せたのので(http://blog.karakama.org/article/63897328.html)今回も任せようかと思ったのだが、代車がどこの店舗も空きがなく、車体を預けてしまうと帰宅と車体引取が困難に!

20150330_1.jpg
しょうがないので、練馬車検場を予約し、ユーザー車検をする事にした。

20150330_2.jpg
案内図を見てもよくわからん。
ひとまずDの建物で書類を作り、Aの建物に持って行き、1番のラインで検査という手順だった。

20150330_3.jpg
光軸検査で落ちてしまった…左下にずれているらしい。
車検場のすぐ近くに車検予備検査ライン(有限会社田中オートサービス)という場所があったので、そこで光軸を調整してもらった。860円也。
再検査で光軸はOKになったので、これで車検通過…と思いきや、ライトスイッチが付いているのが問題になった。
前回の車検でもライトスイッチが問題になったが(http://blog.karakama.org/article/64054823.html)結局車体の製造年月日的にOKだったので、今回も大丈夫だろうと思っていたのだが、これが大間違い。
なんとメーカーに確認しても、前回車検を受けた車検場に問い合わせても、製造年月日が確認できないという。
んなあほな?と思ったのだが、結局その日はライトスイッチがOKな車体か確認が取れなかったため、車検に落ちてしまい、後日再検査という事に…。

20150330_4.jpg
自分でホンダのお客様サービスに問い合わせたり、今まで車検を受けた車検場に問い合わせたりしたが、結局車体の製造年月日を確認する方法はなかった…車体の製造年月日を証明する書類みたいなものもない。
今まではライトスイッチ付きで、普通に車検に通ってきたのにいきなり車検に通らなくなるなんて納得いかないが、ライトスイッチをなんとかしないともうどうにもならない…。
前回車検を頼んだ2りんかんに相談した所、無料でライトスイッチを動かなくするプラ版を仕込んでくれた。
プラ版が邪魔してライトスイッチをオフにできなくなるので、常時点灯となり車検OK。
なんかあほらしいが、たったこれだけで車検通るなら、まぁいいかという感じである。
どうせライトスイッチなんて使わんしなぁ…。

20150330_5.jpg
再検査は車検場の予約の必要はないようだ。
再検査費用を払った後、ライトスイッチが動かない事を確認してあっさり車検通過。
ライトスイッチ問題で無駄に時間と費用がかかってしまったが、無事に車検通って良かった。
かかった費用は

・自賠責 14110円
・用紙代 25円
・重量税 4400円
・検査代 1700円
・再検査代 1300円
・光軸調整 860円

合計22395円だった。
車検証記載の走行距離は63000kmから68000kmになった。
というか、2年で5000kmしか走ってないのか…。
10万kmの単位までオドメーターがあるので、目指せ10万km状態なのだが、このペースだとあと10年くらいかかりそう…。
posted by kama at 21:07| Comment(0) | バイク

2015年02月11日

CBR1100XX ETCカード交換

20150211_1.jpg
クレカ会社から新しいETCカードが送られてきた。
そういえば来月でETCカードの期限切れるんだっけ。連絡しなくても送ってきれくれるなんて親切だ。
でも最近高速乗ってないからETC使う機会がない…。

うちのSBBに付いているETC車載器は、まだバイク用ETCが一般的に無かった時代に、試験運用をするために一般から募集したモニター用に配られた物だ。
現在市販されているものに比べると大きくて邪魔なのだが、特に不具合もなく普通に使えるので交換する気はない。
というか、金を払うために金払ってETC車載器付ける気にならんわ…。
高速料金全然安くならないし、もうあんまり高速使う機会もないかもなぁ。
posted by kama at 15:09| Comment(0) | バイク

2014年12月14日

水漏れ

朝起きてシャワーを浴びた時、なんかいつもより勢いがないなぁと思って不思議に思ったが、外に出たらすぐに理由がわかった。

20141214_1.jpg
水道管の元栓から水がガンガン漏れている!
これで水圧が低くなっていたのか…。

20141214_2.jpg
速攻で管理会社に連絡して直してもらった。
気付かなかったら大変な事になっていたわ。
漏れた分の水道料金は請求されるんだろうか…。

20141214_3.jpg
選挙行ってきた。
候補者が自民党と共産党だけって…こんな選挙やる意味ないじゃん。
posted by kama at 16:15| Comment(0) | 日記

2014年10月19日

CBR1100XXゴムパーツ劣化

20141019_1.jpg
SBBに付けているGIVIマウントのベースラバーが劣化してドロドロのベタベタに。
一応GIVI 90177でパーツ単体としてい販売しているのだが、近所の2りんかんでは在庫切れだったので、余っているベースプレートから取り外して移植しておいた。
ちなみにフリーウェイに取り付けてあるGIVIマウントのベースラバーは、劣化しておらずなんともなかった…何故だ?

20141019_2.jpg20141019_3.jpg
サインハウスのマウントのゴムボール部分が劣化してボロボロになってしまった。
こいつはパーツ単体での販売はない模様。
販売してたとしてもすんげー高そうだが…。

20141019_4.jpg
しょうがないので、プラリペアや接着剤等を使って、ボール部分を復元。
大して精度要らん場所だから、てきとーでもなんとかなるだろう。
posted by kama at 22:46| Comment(0) | バイク

2014年10月13日

銚子方面ツーリング

ガソリンと高速料金が高くなったことで、すっかり出番が少なくなったCBR1100XX SBB。
そろそろ季節的に寒くなってきて、バイクなんて乗ってられなくなりそうなので、乗れるうちに乗っておこうと思い立ち、近所の銚子まで行ってみることに。

20141012_1.jpg
鹿島港付近のシーサイドロード。風車がいっぱい並んでいる。
しかし、台風接近中のため波が荒いのか、たまに波が堤防を乗り越えて道路までやって来る。
タイミングが悪いとずぶ濡れだなこりゃ。

20141012_2.jpg
波崎ウィンドファーム展望台。
0.05〜0.13μSv/h

12基並んでいる風車を眺めるための展望台だと思う。
パラグライダーで飛んでいる人がいた。

20141012_3.jpg
シーサイドパーク。
0.07〜0.09μSv/h

眺めは良いが、辺鄙な場所にあるためかほとんど人が居なかった。
311の震災の時に、この場所まで水没したそうな。

20141012_4.jpg
犬吠埼灯台。
0.07〜0.34μSv/h

点灯140周年の垂れ幕がかかっていた。
さすがに人気スポットだけあって人が一杯。

帰りに成田方面を通ったのだが、この辺りの道路は整備されているにも関わらず渋滞が激しかった。
行きに通った利根川沿いの道路の方が空いててよかったかなぁ…。
posted by kama at 13:35| Comment(0) | バイク

2014年08月31日

Turnigy Monster Beatle ピニオンギア交換3

20140831_1.jpg
モンスタービートルをオフロードで走らせていたら、イーグル 48ピッチ ピニオンギヤ 15Tが欠けました。
耐久性が高くて削れはしなかったけど、小石などを噛んでしまったのだろうか?
やっぱオフロードカーなのにギアが開放型ってのはダメだよなぁ…。
ちなみにメタルスパーギアの方はなんともなかった。

20140831_2.jpg
次にチョイスしたのはチタン製ピニオン(http://kimihiko-yano.jp/Product/shopping_cart/goodsprev.cgi?gno=TP48015
でもいくら頑丈なピニオン付けても、ギアが開放型で異物入りまくりじゃ意味ない。

20140831_3.jpg
というわけで、ペットボトルを切り貼りして、スパーギア周辺を覆ってみた。
果たしてこれでギア破損はなくなるのか?
posted by kama at 23:34| Comment(0) | 日記

2014年08月16日

Turnigy Monster Beatle ピニオンギア交換2

20140816_1.jpg
川田模型の超硬ジュラピニオン 48P 15Tが5回くらい走行しただけで、あっさり丸坊主になりました。
超硬のくせに名前負けしすぎだろこのピニオン…。

20140816_2.jpg
今度はイーグル 48ピッチ ピニオンギヤ 15Tをチョイス。材質はスチールらしい。
取り付けて走行してみたところ、今のところギア周辺に削れた鉄粉が飛び散っている気配はない。これなら大丈夫か?
なるべくメンテフリーな車体を目指しているのだが、安物車体に高精度や高耐久性のパーツを組み込んでいくと結局高級車体と変わらない価格になってしまう。
モンスタービートルなんて、車体5000円くらいだったのに、スパーギアとピニオンギアだけで3000円以上かかってるしなぁ…安物買いの銭失い車体だわ。
posted by kama at 21:09| Comment(0) | 日記

2014年08月11日

Turnigy Monster Beatle ピニオンギア交換

ebayで購入したメタルスパーギアを付けたモンスタービートルだが、ピニオンギアが削れまくってしまいあっという間にボロボロになってしまう。

20140811_1.jpg
そこで純正以外のピニオンギアを使ってみることにした。
チョイスしたのは川田模型の超硬ジュラピニオン 48P 15T。
モンスタービートルのモーターシャフトが2.3mmに対して、ピニオン穴は一般的な540モーター用の3.17mmなので、タミヤのトルクチューンモーターを買った時に付いてきたピニオンアダプターを加工して使用。

20140811_2.jpg
ひとまず問題なく取り付けできた。
あとyoutubeにスパーギアの傾きを修正する方法が紹介されていたので、これも加工しておいた。



20140811_3.jpg
ESCやモーターがやたら熱くなるので、冷却ファン追加しまくってます。
ピニオンギアを交換してテスト走行してみたのだが、3分くらい走っただけであっさりギア周辺が鉄粉まみれに…やっぱりピニオンギアの方が削れまくってしまう…うーん、超硬ジュラピニオンでもダメなのか。
ギアがむき出しのため注油もできないしなぁ。
ebay覗くと、メタルモーターピニオンってのもあるけど、送料合わせると1000円超えか…。
ピニオン1個に1000円って高すぎだわ。

http://www.ebay.com/itm/1-16-Monster-Beatle-Metal-15T-Motor-Pinion-/181489119575?pt=Radio_Control_Vehicles&hash=item2a41983157
posted by kama at 22:48| Comment(0) | 日記

2014年08月10日

サーボモーター壊れと安定化電源壊れ

20140810_1.jpg
スキャンパー1のサーボの調子が悪かったので、分解して様子を見たら、モータが錆錆。
水上走行時に水が侵入してきて錆びてしまった模様。防水サーボじゃないとだめか?
ひとまずサーボを交換して、サーボの周りをホットボンドで埋めて防水処理。
だけど、回収艇のHobbyKing Swamp Dawg Air Boatのモーターの調子が悪くなって、まともに走れなくなってきたので、もうスキャンパー1を水上走行させることはないかも。

20140810_2.jpg
昔HobbyKingで買った安定化電源が壊れてしまった。
最近電源投入時にカチカチと音がして電圧ドロップしまくっていたのだが、ついに電源すら入らなくなった。
コンデンサのパンクと思いきや、コンデンサ回りに異常はなく、何かよくわからないパーツが粉々に砕けていた。
修理するのめんどくさいのでパーツ取って廃棄。

20140810_3.jpg
代わりにヤフオクで12V安定化電源を購入。送料込みで3000円くらいだった。
配線とか自分で加工しないと行けないタイプなので面倒だったが、電圧調整で14V出力でき、Nitro Circusに使う5000mAhのバッテリー2本を2C充電=20A出力をしても、安定して14V出力していたので、ちゃんと使える。
PCのジャンク電源加工して12V取り出しても、電圧が低いし、負荷をかけるとすぐに電圧ドロップしちゃうので、こっちの方が断然良いわ。
posted by kama at 02:28| Comment(0) | 日記

2014年07月27日

ボート走らせ&EP200EXバーレス化失敗

20140727_1.jpg
HobbyKing Swamp Dawg Air Boatを走らせてみた。
ボートなんて2chしかないし、車と大して変わらんだろうと思っていたのだが、実際走らせてみたらかなり難しい。
水面の状態によって、あらぬ方向に舵が取られるし、波によって船体がジャンプしまくりなので、狙ったラインを走らせられない。
高波にぶち当たると転覆したり沈みそうな挙動を見せるのも怖い。
結構慣れが必要だなぁこれ。
あと使っているESCがヘリ用のため、いきなりフルスロットルにすると保護回路でモーターが停止したりして操作しにくい。

20140727_2.jpg
ホバークラフトスキャンパー1を走らせてみた。
陸上だと50km/h位出るのだが、水面だと20km/hも出てない気がする。
波立っていると全く安定して走れないので、あんまり操作してて面白くない。
うーん、これは陸上を走らせたほうが面白いか…。
せっかく回収艇用意したのに、あんまり水面走らせる機会はなさそうだ。
せっかくだから、ちゃんとしたボートのラジコンでも買ってみるかなぁ。

20140727_3.jpg
すっかり置物になっているバー付きEP200EXを、TAROT ZYXを搭載してバーレスにしてみようと思い立った。
受信機としてCORONAのR4FA-SBを購入したのだが、まずこれが失敗だった。
この受信機、S-BUS対応なのだが、デフォルトだと普通の4ch受信機なので、S-BUSを使えるスペシャルモードに切り替える必要がある。
だが、S-BUSモードに切り替えると他のチャンネルが特殊ポートになってしまい、普通のサーボやESCを接続しても動かなくなってしまうのだ。
FR-SKYのTFR4SBは普通にS-BUSとESC同時に使えるのに、何でこんな仕様なんだ?
でも最近の3軸ジャイロはS-BUSデコーダが付いているから、TAROT ZYX側でなんとかなるはず!
と思ったら、S-BUS接続には専用のケーブルが必要な模様。
さらに調べてみたら、S-BUSに対応しているのはTAROT ZYX-Sからで、最初に出たTAROT ZYXはS-BUS未対応だった…。
うーん、普通の受信機使うしかないのか。
posted by kama at 12:08| Comment(0) | ラジヘリ