2014年08月31日

Turnigy Monster Beatle ピニオンギア交換3

20140831_1.jpg
モンスタービートルをオフロードで走らせていたら、イーグル 48ピッチ ピニオンギヤ 15Tが欠けました。
耐久性が高くて削れはしなかったけど、小石などを噛んでしまったのだろうか?
やっぱオフロードカーなのにギアが開放型ってのはダメだよなぁ…。
ちなみにメタルスパーギアの方はなんともなかった。

20140831_2.jpg
次にチョイスしたのはチタン製ピニオン(http://kimihiko-yano.jp/Product/shopping_cart/goodsprev.cgi?gno=TP48015
でもいくら頑丈なピニオン付けても、ギアが開放型で異物入りまくりじゃ意味ない。

20140831_3.jpg
というわけで、ペットボトルを切り貼りして、スパーギア周辺を覆ってみた。
果たしてこれでギア破損はなくなるのか?
posted by kama at 23:34| Comment(0) | 日記

2014年08月16日

Turnigy Monster Beatle ピニオンギア交換2

20140816_1.jpg
川田模型の超硬ジュラピニオン 48P 15Tが5回くらい走行しただけで、あっさり丸坊主になりました。
超硬のくせに名前負けしすぎだろこのピニオン…。

20140816_2.jpg
今度はイーグル 48ピッチ ピニオンギヤ 15Tをチョイス。材質はスチールらしい。
取り付けて走行してみたところ、今のところギア周辺に削れた鉄粉が飛び散っている気配はない。これなら大丈夫か?
なるべくメンテフリーな車体を目指しているのだが、安物車体に高精度や高耐久性のパーツを組み込んでいくと結局高級車体と変わらない価格になってしまう。
モンスタービートルなんて、車体5000円くらいだったのに、スパーギアとピニオンギアだけで3000円以上かかってるしなぁ…安物買いの銭失い車体だわ。
posted by kama at 21:09| Comment(0) | 日記

2014年08月11日

Turnigy Monster Beatle ピニオンギア交換

ebayで購入したメタルスパーギアを付けたモンスタービートルだが、ピニオンギアが削れまくってしまいあっという間にボロボロになってしまう。

20140811_1.jpg
そこで純正以外のピニオンギアを使ってみることにした。
チョイスしたのは川田模型の超硬ジュラピニオン 48P 15T。
モンスタービートルのモーターシャフトが2.3mmに対して、ピニオン穴は一般的な540モーター用の3.17mmなので、タミヤのトルクチューンモーターを買った時に付いてきたピニオンアダプターを加工して使用。

20140811_2.jpg
ひとまず問題なく取り付けできた。
あとyoutubeにスパーギアの傾きを修正する方法が紹介されていたので、これも加工しておいた。



20140811_3.jpg
ESCやモーターがやたら熱くなるので、冷却ファン追加しまくってます。
ピニオンギアを交換してテスト走行してみたのだが、3分くらい走っただけであっさりギア周辺が鉄粉まみれに…やっぱりピニオンギアの方が削れまくってしまう…うーん、超硬ジュラピニオンでもダメなのか。
ギアがむき出しのため注油もできないしなぁ。
ebay覗くと、メタルモーターピニオンってのもあるけど、送料合わせると1000円超えか…。
ピニオン1個に1000円って高すぎだわ。

http://www.ebay.com/itm/1-16-Monster-Beatle-Metal-15T-Motor-Pinion-/181489119575?pt=Radio_Control_Vehicles&hash=item2a41983157
posted by kama at 22:48| Comment(0) | 日記

2014年08月10日

サーボモーター壊れと安定化電源壊れ

20140810_1.jpg
スキャンパー1のサーボの調子が悪かったので、分解して様子を見たら、モータが錆錆。
水上走行時に水が侵入してきて錆びてしまった模様。防水サーボじゃないとだめか?
ひとまずサーボを交換して、サーボの周りをホットボンドで埋めて防水処理。
だけど、回収艇のHobbyKing Swamp Dawg Air Boatのモーターの調子が悪くなって、まともに走れなくなってきたので、もうスキャンパー1を水上走行させることはないかも。

20140810_2.jpg
昔HobbyKingで買った安定化電源が壊れてしまった。
最近電源投入時にカチカチと音がして電圧ドロップしまくっていたのだが、ついに電源すら入らなくなった。
コンデンサのパンクと思いきや、コンデンサ回りに異常はなく、何かよくわからないパーツが粉々に砕けていた。
修理するのめんどくさいのでパーツ取って廃棄。

20140810_3.jpg
代わりにヤフオクで12V安定化電源を購入。送料込みで3000円くらいだった。
配線とか自分で加工しないと行けないタイプなので面倒だったが、電圧調整で14V出力でき、Nitro Circusに使う5000mAhのバッテリー2本を2C充電=20A出力をしても、安定して14V出力していたので、ちゃんと使える。
PCのジャンク電源加工して12V取り出しても、電圧が低いし、負荷をかけるとすぐに電圧ドロップしちゃうので、こっちの方が断然良いわ。
posted by kama at 02:28| Comment(0) | 日記

2014年07月27日

ボート走らせ&EP200EXバーレス化失敗

20140727_1.jpg
HobbyKing Swamp Dawg Air Boatを走らせてみた。
ボートなんて2chしかないし、車と大して変わらんだろうと思っていたのだが、実際走らせてみたらかなり難しい。
水面の状態によって、あらぬ方向に舵が取られるし、波によって船体がジャンプしまくりなので、狙ったラインを走らせられない。
高波にぶち当たると転覆したり沈みそうな挙動を見せるのも怖い。
結構慣れが必要だなぁこれ。
あと使っているESCがヘリ用のため、いきなりフルスロットルにすると保護回路でモーターが停止したりして操作しにくい。

20140727_2.jpg
ホバークラフトスキャンパー1を走らせてみた。
陸上だと50km/h位出るのだが、水面だと20km/hも出てない気がする。
波立っていると全く安定して走れないので、あんまり操作してて面白くない。
うーん、これは陸上を走らせたほうが面白いか…。
せっかく回収艇用意したのに、あんまり水面走らせる機会はなさそうだ。
せっかくだから、ちゃんとしたボートのラジコンでも買ってみるかなぁ。

20140727_3.jpg
すっかり置物になっているバー付きEP200EXを、TAROT ZYXを搭載してバーレスにしてみようと思い立った。
受信機としてCORONAのR4FA-SBを購入したのだが、まずこれが失敗だった。
この受信機、S-BUS対応なのだが、デフォルトだと普通の4ch受信機なので、S-BUSを使えるスペシャルモードに切り替える必要がある。
だが、S-BUSモードに切り替えると他のチャンネルが特殊ポートになってしまい、普通のサーボやESCを接続しても動かなくなってしまうのだ。
FR-SKYのTFR4SBは普通にS-BUSとESC同時に使えるのに、何でこんな仕様なんだ?
でも最近の3軸ジャイロはS-BUSデコーダが付いているから、TAROT ZYX側でなんとかなるはず!
と思ったら、S-BUS接続には専用のケーブルが必要な模様。
さらに調べてみたら、S-BUSに対応しているのはTAROT ZYX-Sからで、最初に出たTAROT ZYXはS-BUS未対応だった…。
うーん、普通の受信機使うしかないのか。
posted by kama at 12:08| Comment(0) | ラジヘリ

2014年07月21日

HobbyKing Swamp Dawg Air Boat購入

20140721_1.jpg
HobbyKing Swamp Dawg Air Boatというボートのラジコンを買いました。
走らせて遊ぶというよりは、ホバークラフトスキャンパー1が水上でトラブった時の回収艇にする予定。
スキャンパー1はイマイチメカの信頼性が低くて、すぐにジャイロが誤動作して操舵不能になるし、水上走行中にいきなりモーターが停止して航行不能になったりと結構トラブルが多い。
スキャンパー1が人力で回収できない位置で航行不能になった時は、このプロペラボートの出番になるはず。

20140721_2.jpg
メカボックス狭い…とてもじゃないがノーマルのサーボマウント兼仕切り板は使えそうにないので、サーボは両面テープで固定。

20140721_3.jpg
ひとまず完成。プロペラボートなので、床の上でも動けます!
僅か$39.99の船体なのでかなりしょぼいが、前面が平らなため、他の船を押しやすそうではある。

20140721_4.jpg
テスト走行しようかと思ったら、プロペラにモーター線が当たって断線しかかってしまった。
プロペラが当たらないように配線したつもりだったが、プロペラ回転時の気流によりモーター線が吸い寄せられてしまったようだ。
あと何故かESCが動作しなくなった…モーターの配線が切れかかった時に何か起こったのだろうか?
ESCを交換し終えた時には既に日が暮れていたので結局テスト走行できず。
回収艇だから信頼度を上げたいが、いきなりトラブルばっかりで何だか先行き不安…。
posted by kama at 23:00| Comment(0) | 日記

2014年07月19日

HK-250FLB テールベルト止め行方不明

20140719_1.jpg
HK-250FLBの機体をチェックしていたら、テールベルトを止めているパーツがなくなっていることに気付いた。

20140719_2.jpg
さすがホビキン製というか、こんなとこ普通外れて無くなるか?
もしかして、前にベルト外れで墜落した時に無くなったのかなぁ?
でも墜落後に修理した時はちゃんとストッパー付いてたような?
何にせよ、このまま飛ばしてたらまたベルトが外れて墜落する所だった。
posted by kama at 13:56| Comment(0) | ラジヘリ

2014年07月13日

HK-250FBL修理完了

20140713_1.jpg
昨日テールベルト外れで墜落したHK-250FLBを修理。
交換したパーツは

・メインマスト
・メインローター
・テールパイプ
・スキッド
・テールフィン

だけなので、交換パーツ代は$10くらいと大してかかっていないが、修理に3時間くらいかかった。
200〜250クラスのヘリはパーツ代は大してかからんけど、修理と調整にかなりの経験とカンが必要なので全く流行らんだろうな…。

20140713_2.jpg
テールフィンは交換したけど、相変わらずテールユニットはGAUIのものをポン付け。
ノーマルHK-250GTのテールユニットは、いくらやってもハンチングが取れないし、ALIGN純正T-REX250のテールユニットは、最初はマシだけど、飛行しているうちにすぐにガタガタになって話しならない。
結局GAUIのテールユニットが、ガタも少なく耐久性も高いので最強。
ただ、テールハブを買えるショップがもはや存在しないため、今後使い続けるためにはT-REX250用の代替品を使うしかない。
ちょっと前までは http://twfss.com/ で買えたのだが、ずっとサイトメンテ中なので、どうやら閉店してしまったようだ。

20140713_3.jpg
受信機をビニール袋に入れて防水仕様にしてNitro Circus復活。
これで完全防水仕様なので水没しても平気だ。
オフロードカーは走らせる度にめっちゃ汚れて掃除がめんどくさいが、防水仕様なら水ぶっかけて洗えるし、適当に水没させても綺麗になって楽だわ。
Nitro Circusの最高速は40キロくらいなので、イマイチ速く感じない。
加速側にギアを振ってあるのかと思いきや、加速もそんなに凄くない。
だがパワー不足というわけではなく、センターデフ搭載車体のため、加速した時に前輪が浮き上がって空転して大量のパワーロスが発生してしまうのだ。
つーか、走ってる時は常に前輪が浮き気味で、遠心力でタイヤがバーストしそうな勢いで変形している。
もうこれトラクションコントロールやアクティブサスペンションやタイヤが空転した時だけデフロックする電子制御とか入れないとパワーを生かせないんじゃないかなぁ?
最近のヘリやクアッドコプターの電子制御化はかなり進んでいるけど、車のラジコンも電子制御入れないとパワーを生かせなくなってきてるわ。
posted by kama at 11:44| Comment(2) | ラジヘリ

2014年07月12日

Turnigy Monster Beatle メタルスパーギア購入

20140712_2.jpg
Turnigy Monster Beatle用のスパーギアをeBayで買いました。

http://www.ebay.com/itm/1-16-Monster-Beatle-Metal-Spur-gear-110BS-A2003-A2010-A2027-A2029-A2035-/171320747334?ssPageName=ADME%3AL%3AOC%3AUS%3A3160&nma=true&si=ZtmdctVeaemot%252BDaasHQgHS%252FV6s%253D&orig_cvip=true&rt=nc&_trksid=p2047675.l2557

ベラルーシからの発送で注文してから到着まで2週間かかった。
ノーマルのスパーギアはプラスチックのくせにむき出しで、すぐに砂や小石を噛んでボロボロ。
これはメタル製なので耐久性はあるはず!
それにしても、車体全部で$69.50なのに、スパーギアだけで$12.25って高すぎ…。
HobbyKingがメタル製パーツ作ってくれればいいのに。

20140712_3.jpg
スパーギア付けて走行テストしてたら、いきなりサーボが壊れました。
なんか最近走らせる度に壊れてるなぁ。
適当に余ってたサーボを無理矢理付けた。

20140712_4.jpg
サーボを交換して走らせてみたところ、走行音が静かでとてもスムーズ。
だけどギア周辺に鉄粉が…ギア削れまくりじゃん。
鉄粉の色的にピニオンギアの方が削れているらしい。
結局スパーギアの耐久度を上げると、ピニオンの方がぶっ壊れるのか…だめじゃんこの車。

20140712_5.jpg
近所の秋ヶ瀬公園にラジコンのサーキットがあるとの事なので行ってみた。
走ってるのほとんとエンジンカーで、路面がオイルまみれでグリップしない…。
オンロードカーじゃないと無理か。
posted by kama at 20:26| Comment(0) | 日記

HK-250FBL墜落

20140712_1.jpg
せっかくTurnigy 3D-H V2に載せ替えてEP200FESの代替機にしようと思ってたHK-250FBLがあっさり落ちました。
原因はテールベルト外れ。
離陸時に前進しようとエレベータダウンを打ったら、上昇しきる前にローター全面が地面に接触してコケ。
その時にテールベルトが外れてしまったので、ひっかけ直して再び飛ばしたのだが、今度は飛行中にテールベルトが外れた模様。
EP200ならテールベルトが緩んでも、構造的に滑るだけで外れるってことはないんだけどな…やっぱ色々ダメだわこの機体。

Nitro Circus は濡れた草地を走らせていたら、受信機に水が入ったのかノーコンになって水たまりに突っ込んで水没してしまった。
水没したものの車体自体は防水仕様なので特に壊れなかった。
受信機も防水にしないとダメか。
posted by kama at 09:43| Comment(2) | ラジヘリ