2014年07月13日

HK-250FBL修理完了

20140713_1.jpg
昨日テールベルト外れで墜落したHK-250FLBを修理。
交換したパーツは

・メインマスト
・メインローター
・テールパイプ
・スキッド
・テールフィン

だけなので、交換パーツ代は$10くらいと大してかかっていないが、修理に3時間くらいかかった。
200〜250クラスのヘリはパーツ代は大してかからんけど、修理と調整にかなりの経験とカンが必要なので全く流行らんだろうな…。

20140713_2.jpg
テールフィンは交換したけど、相変わらずテールユニットはGAUIのものをポン付け。
ノーマルHK-250GTのテールユニットは、いくらやってもハンチングが取れないし、ALIGN純正T-REX250のテールユニットは、最初はマシだけど、飛行しているうちにすぐにガタガタになって話しならない。
結局GAUIのテールユニットが、ガタも少なく耐久性も高いので最強。
ただ、テールハブを買えるショップがもはや存在しないため、今後使い続けるためにはT-REX250用の代替品を使うしかない。
ちょっと前までは http://twfss.com/ で買えたのだが、ずっとサイトメンテ中なので、どうやら閉店してしまったようだ。

20140713_3.jpg
受信機をビニール袋に入れて防水仕様にしてNitro Circus復活。
これで完全防水仕様なので水没しても平気だ。
オフロードカーは走らせる度にめっちゃ汚れて掃除がめんどくさいが、防水仕様なら水ぶっかけて洗えるし、適当に水没させても綺麗になって楽だわ。
Nitro Circusの最高速は40キロくらいなので、イマイチ速く感じない。
加速側にギアを振ってあるのかと思いきや、加速もそんなに凄くない。
だがパワー不足というわけではなく、センターデフ搭載車体のため、加速した時に前輪が浮き上がって空転して大量のパワーロスが発生してしまうのだ。
つーか、走ってる時は常に前輪が浮き気味で、遠心力でタイヤがバーストしそうな勢いで変形している。
もうこれトラクションコントロールやアクティブサスペンションやタイヤが空転した時だけデフロックする電子制御とか入れないとパワーを生かせないんじゃないかなぁ?
最近のヘリやクアッドコプターの電子制御化はかなり進んでいるけど、車のラジコンも電子制御入れないとパワーを生かせなくなってきてるわ。
posted by kama at 11:44| Comment(2) | ラジヘリ

2014年07月12日

Turnigy Monster Beatle メタルスパーギア購入

20140712_2.jpg
Turnigy Monster Beatle用のスパーギアをeBayで買いました。

http://www.ebay.com/itm/1-16-Monster-Beatle-Metal-Spur-gear-110BS-A2003-A2010-A2027-A2029-A2035-/171320747334?ssPageName=ADME%3AL%3AOC%3AUS%3A3160&nma=true&si=ZtmdctVeaemot%252BDaasHQgHS%252FV6s%253D&orig_cvip=true&rt=nc&_trksid=p2047675.l2557

ベラルーシからの発送で注文してから到着まで2週間かかった。
ノーマルのスパーギアはプラスチックのくせにむき出しで、すぐに砂や小石を噛んでボロボロ。
これはメタル製なので耐久性はあるはず!
それにしても、車体全部で$69.50なのに、スパーギアだけで$12.25って高すぎ…。
HobbyKingがメタル製パーツ作ってくれればいいのに。

20140712_3.jpg
スパーギア付けて走行テストしてたら、いきなりサーボが壊れました。
なんか最近走らせる度に壊れてるなぁ。
適当に余ってたサーボを無理矢理付けた。

20140712_4.jpg
サーボを交換して走らせてみたところ、走行音が静かでとてもスムーズ。
だけどギア周辺に鉄粉が…ギア削れまくりじゃん。
鉄粉の色的にピニオンギアの方が削れているらしい。
結局スパーギアの耐久度を上げると、ピニオンの方がぶっ壊れるのか…だめじゃんこの車。

20140712_5.jpg
近所の秋ヶ瀬公園にラジコンのサーキットがあるとの事なので行ってみた。
走ってるのほとんとエンジンカーで、路面がオイルまみれでグリップしない…。
オンロードカーじゃないと無理か。
posted by kama at 20:26| Comment(0) | 日記

HK-250FBL墜落

20140712_1.jpg
せっかくTurnigy 3D-H V2に載せ替えてEP200FESの代替機にしようと思ってたHK-250FBLがあっさり落ちました。
原因はテールベルト外れ。
離陸時に前進しようとエレベータダウンを打ったら、上昇しきる前にローター全面が地面に接触してコケ。
その時にテールベルトが外れてしまったので、ひっかけ直して再び飛ばしたのだが、今度は飛行中にテールベルトが外れた模様。
EP200ならテールベルトが緩んでも、構造的に滑るだけで外れるってことはないんだけどな…やっぱ色々ダメだわこの機体。

Nitro Circus は濡れた草地を走らせていたら、受信機に水が入ったのかノーコンになって水たまりに突っ込んで水没してしまった。
水没したものの車体自体は防水仕様なので特に壊れなかった。
受信機も防水にしないとダメか。
posted by kama at 09:43| Comment(2) | ラジヘリ

2014年07月06日

やっぱり壊れたNitro Circusのライト

20140706_1.jpg
Nitro Circus 4WDが河川敷の土手ジャンプに失敗して、ごろんごろん10回転くらいして転倒しました。
案の定、車体に取り付けてあるLEDライトが根本から折れた。
このライト結構明るくて、遠くからでも車体の向きが視認しやすくなって良いんだけどなぁ…。
ひとまず接着剤で無理矢理くっつけたけど、またどうせ折れるんだろうな。

20140706_2.jpg
後輪のオイルダンパーの底が抜けてオイルが漏れ漏れ。
単にダンパー底が緩んで外れたのかと思いきや、ネジがバカになって外れたらしい…。
これも無理矢理接着してみたけど、やっぱりすぐ壊れるんだろうな。
ダンパーは2本で$19.19と結構パーツとしては高い方だが、ダンパーが折れる前に交換したい。
でも現在在庫がない模様。互換パーツとかあるのかなぁ?
走らせる度にどんどん壊れていくのはオフロードカーの宿命か。
ちなみに電装系以外で一番高いパーツはタイヤである(2本で$32.66)
posted by kama at 17:26| Comment(0) | 日記

2014年07月05日

Turnigy 3D-H V2をHK-250FBLに取り付け

20140705_1.jpg
今までTAROT ZYXを取り付けていたHK-250FBLに、Turnigy 3D-H V2を取り付けてみた。
設定方法はMicrobeastと全く同じだが、ダイヤルゲインのボリューム調整だけは、プラスマイナスが逆らしい。
このダイヤルゲインだけは、なんだか調整が上手く行かなかったので、デフォルトの真ん中のままにしておいた。
Microbeastは電源投入後、機体のセットアップが終わるとスワッシュサーボが動いてお知らせしてくれるが、Turnigy 3D-H V2はスワッシュサーボとテールサーボ両方が動いてお知らせしてくれる。
パクリ製品なのに、ちょっと中身を弄ってある模様。

20140705_2.jpg
特に問題なく飛んだので、テストフライトしながら各種パラメータ調整。
確かにMicrobeastっぽぃのだが、イマイチ舵の効きが悪いような?ピルエットレートもなんだか遅い。
TAROT ZYXでは良く舵が効いていたので、機体の状態は問題なさそうなんだけどなぁ?
Microbeast搭載EP200FESに比べると、なんだか動きがもっさりしていていまいちしっくりこない。
機体の設計的にはEP200の方が良いなぁ…T-REX250の方が後に出た機体なのに、なんだか設計部分がイマイチな部分が多い気がする。

20140705_3.jpg
電動ドライバー用1.5mmのソケットレンチビットや精密ドライバービットを購入。
ドライバー本体が1000円くらいなのに、ビットが一個400円くらいする…価格バランスおかしいわ。

20140705_4.jpg
スキャンパー1の本体には1.5mmのソケットスクリューが18本も使われている。
ネジ多すぎで手動で整備なんてやってられんかったので、安物とはいえ電動ドライバーはありがたい。
この安物電動ドライバー、バイク整備にも使えるかなぁ?
posted by kama at 21:31| Comment(0) | ラジヘリ

2014年06月28日

Turnigy 3D-H V2等を購入。

20140628_1.jpg
6月22日にHobbyKingに発注した物がもう届いた。
Fedex使ったためか、HobbyKingにしてはかなり早く届いた。
発送さえ早くしてくれれば、Fedexは2日で到着するようだ。
前にFedexで発注した時は、発送自体に3週間くらいかかっていたのでめちゃくちゃ遅かったが…。

20140628_2.jpg
Turnigy 3D-H V2。
$49.99の安物3軸ジャイロだが、中身はMicrobeastとほとんど同じらしい。
時間があったらHK-250FBLに搭載して使ってみるか。
そういえばMicrobeast PLUSはいつになったら出るんだろうか…ドイツ人は凝り性だから、納得行く完成度になるまで作りこみ続けそうだなぁ。

20140628_3.jpg
Dr. Mad Thrust Electronic On/Off Switch(http://www.hobbyking.com/hobbyking/store/uh_viewItem.asp?idProduct=43894
これは何かというと、受信機に繋ぐと送信機側で操作してスイッチのオンオフが出来る。
Basher Nitro Circusのライトを送信機で点けたり消したりできないかなぁ?と思って買ってみた。
試しに余っているチャンネルに繋いでみたら、送信機側でライトのオンオフができるようになった。
まぁBasher Nitro Circus走らせる時は、ほとんどライト点けっぱなしだけど…。

20140628_4.jpg
ラジコン整備用にヤフオクで安物電動ドライバーを買ってみた。
沢山のドライバービットが付いてきたものの、スキャンパー1やEP200に使われている精密ネジ用のビットは付いてなかった。
1.5mmソケットやプラスネジ用のドライバービットってあるのかなぁ?小さすぎて無理か?
posted by kama at 23:19| Comment(0) | ラジヘリ

2014年06月23日

EP200FES テールベルト交換

EP200FESを飛ばしている時、スロットルを上げるとテールの抑えが効かずに機種が左に向いてしまう症状が発生。

20140623_1.jpg
テール周りを調べてみたら、テールベルトの歯が削れてほとんどない。
1年前に交換したテールベルトなので、寿命が来てしまったのだろう。
今度プロポのタイマーでどのくらいのフライト時間でベルト寿命が尽きるか調べてみるか。
http://twfss.com/ にテールベルト注文しようとしたらサイトメンテ中…まさかこのまま閉店って事はないだろうなぁ?
今やEP200のパーツを買える所はほとんどないし、テールベルトの在庫も尽きかけてきているので機体寿命=テールベルト寿命になってしまっている。
他のパーツは壊れても修理や代替品でなんとかなるけど、テールベルトだけは無理そうだしなぁ。
posted by kama at 20:40| Comment(2) | ラジヘリ

2014年06月22日

K&S ホバークラフト SCAMPER-1購入

20140622_1.jpg
ヤフオクでK&Sのホバークラフト、スキャンパー1をゲット。
既に絶版モデルだが、ホビーラジコンのホバークラフト自体があまりないため貴重なモデル。
現実世界でも大分ホバークラフトが運行終了してから絶滅危惧種。
大分のホバーは中国に売り払われたはずなのに、何故か熊本県に放置されているらしい…(http://blogs.yahoo.co.jp/akoakoghq260/32002315.html

20140622_2.jpg
マニュアル通りにメカ積みをして完成。
半完成キットとはいえ、やたらネジが多いし、配線なんかも延長しなきゃならなかったりと結構組み立てがめんどくさかった。
3〜4セルリポ指定だが、家の中でテストするなら2セルでも十分な感じ。
2セルでもトイラジのタイヨーホバークラフトなんかよりよっぽどパワーある。

20140622_3.jpg
とにかくESCがやたら熱くなる!はっきり言ってメカボックス内ではダメだ!2分くらいで80度くらいになってヒートプロテクタが働いて強制電源オフになってしまう。
放熱用にクールスタッフ(http://www.okidensen.co.jp/jp/prod/other/cool/)を貼り付けてみたが焼け石に水。

20140622_4.jpg
というわけで、バッテリー配線等を延長して、ダグデッドファンの後ろにESCを移動して強制空冷。
これでESCの冷却はOKになり、熱でオートカットされる事はなくなった。
デフォルトでこの位置じゃないと使い物にならないだろこのESC…。

20140622_5.jpg
大雨で、でかい水たまりができたので、水上走行テスト。
地上だとやけくそにスピードが出て、4セルで走らせたら風に煽られて宙を舞って転倒するくらいの勢いだったが、水上だとそこまでパワー感はない。
おまけに機体の内部に溜まった水でスカートが浸水して、さらにその水が機体内を移動する事によって非常にバランスが崩れる。
減速した時なんか、思いっきり前のめりになって、左右に曲がろうとしても全く舵が効かずにアンダーステア。
しかも一度浸水するとなかなか水が抜けずに機体内に留まる…水抜きが大変だわ。
スカートは開発中はスピンクロスという強度な素材が使われていたらしいが、量産機は普通の塩ビなのですぐに破れてボロボロになる(http://www.ks-j.net/xo/modules/pico/content0010.html
適当にガムテープや屋外用補修テープ等で穴を塞いでおいたが、既に絶版モデルのためスカート単体パーツで買う事はほぼ無理っぽぃ。
スカート自作できないのかなぁこれ。
posted by kama at 18:46| Comment(0) | 日記

2014年06月13日

Basher Nitro Circus 試走

20140613_1.jpg
やっと王様からNitro Circus に使うバッテリー類が到着した。
Fedex使ったのに、発送が遅かったから何にも意味なし。

20140613_2.jpg
バッテリーは2Sの物を2本使う仕様。
直列接続で4S扱いだが、並列用のコードも付属しているので、2Sで走らせる事もできるのかな?

20140613_3.jpg
バッテリー類を搭載してライトを点灯してみた。
さすがに5個並んでいるだけあってかなり明るい。
でも転倒したら速攻でぶっ壊れるんだろうなぁ…。
実車のモンスタートラックも、ライト類は1回ジャンプしただけでぶっ壊れてるし。
外で走らせてみたら、なんだかブレーキが異様に効くのでESCの設定を見直し。
マニュアルを見ながら、スロットルレンジの設定やESCのセッティングなどをしたらまともに走れるようになった。
この Nitro Circus 4WDは、ナイトロサーカスというスタントTV番組の公式ライセンス商品らしい(http://www.mtvjapan.com/video/program/11580
もっともその番組を観たことないので、何にも思い入れはない…。
posted by kama at 01:27| Comment(0) | 日記

2014年06月07日

HobbyKing Basher Nitro Circus 1/8 4WD 購入

20140607_4.jpg
新しいラジコンカーをホビーキングで買いました。
1/8サイズのモンスタートラック Basher Nitro Circus です。
ボディに旭日旗のような模様が入っているので、かの国の人達が見たら発狂しそうですね。


20140607_5.jpg
ステッカー類やライトなどのアクセサリーを付けて完成。
1/8スケールなのでとにかくでかい!
タイヤなんか冗談みたいにでかい。
1/16サイズのモンスタービートルと比較すると倍くらいサイズが違う。

20140607_6.jpg
だけど最高速度はモンスタービートルと同じ40km/hくらいらしい。
走らせてみたいのだが、重量制限のせいで同梱できなかったバッテリー類が、同日に注文したにも関わらず未だに発送すらされてない!なので動作不可能!
変換コネクタ買ってきて手持ちのバッテリーで無理矢理走らせてみようかなぁ…。
posted by kama at 22:12| Comment(0) | 日記