2016年04月16日

DP接続モニタ電源オンオフでWindowが左上に移動するのがうざい

4KモニタPHILIPS BDM4350UC/11設置により、先日購入したCorei7 6700K Asus Z170APCの性能がやっと発揮されるようになってきた。
今までは新PCにしても大して体感的に快適になっていなかったけど、4Kモニタでデスクトップ画面が広くなると圧倒的に快適で、やっとPC買い換えた価値が出てきたかなという感じだ。
心配していたIntel HD530内蔵GPUの4K描画による負荷もあまり感じられない。
Youtubeにある4K動画を再生しても特に問題ない感じだ。
むしろ4K60fps動画は描画よりネットワーク帯域不足でまともに再生されない。
4Kでゲームはさすがに内蔵GPUだときついだろうけど、ほとんどプレイしないので問題ない。
快適になったPC環境だが、唯一納得行かないのが、モニタの電源オンオフでWindowが左上に寄ってしまうという問題だ。
VGAドライバを入れなおしたり、PrimSurfSize.xやActiveSize.x等のレジストリを弄っても一向に改善されない。
DP接続がだめならD-Sub接続なら大丈夫かも?と思って試してみたのだが、D-Sub接続では1920x1080までしか対応していなかった。

20160416_1.jpg
そもそもWindows7が4K解像度に対応してないのが問題なので、もしかしたらWindows10なら大丈夫かも?と思ってしょうがなくWindows10にアップグレード。
結果は…全く改善される気配なし!やっぱりモニタ電源オンオフでWindowが左上に移動してしまう。
それどころかWindows10にしたら色々と不具合に見舞われた。
まずネットワークに繋がらなくなってしまった…LANドライバが行方不明状態。
マザーボード付属のDVDからドライバ入れなおしたら直ったけど、なんでアップデートしただけでネットワーク使えなくされるんだか。
あとマウスカーソルの動きがとてつもなく悪い!マウス操作してから2秒位経たないとカーソルが移動しなくて超いらいら。もはやまともに操作できない。
これはUSBマウスをUSB2.0からUSB3.0に繋ぎ直したら直った。意味がわからん。
その他、ファイル共有設定ができなくされていたので、設定をやり直したり、いくつかのアプリが謎のエラー吐いて動かなくなったり、Chromeでニコニコ動画がカクカクになったので再インストールしたり、GoogleIMEが既定のIMEから外れてしまうので再インストールしたりと、本来なら必要ない作業が多数発生。
そしてWindows10になって便利になった事なんて何一つない…。
このモニタ電源オンオフでWindowが左上に寄る現象さえなんとかなればなぁ。
posted by kama at 20:07| Comment(2) | 日記

PHILIPS BDM4350UC/11設置

20160415_1.jpg
NTT-Xに注文しておいた4Kモニタ、PHILIPS BDM4350UC/11が届いたので早速設置する事にする。
それにしても箱がでかい。

20160415_2.jpg
予め購入しておいたサンコーVESA変換プレート(http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002356/)を取り付け。
いろんな種類のネジが付属しており、ちゃんと適合するネジも付いていた。

20160415_3.jpg20160415_4.jpg
VESA変換プレートを取り付けて、HPのBT861AAに付けてみた。
最初取り付けた時は、モニタの重さに耐え切れず、アームが下がってきてしまったが、調節ネジをいっぱいまで回したらちゃんとアームで支えることができた。

20160415_5.jpg
アームでデスクに設置してみた。でかい…とにかくでかい、でかすぎだ。
左側に設置してある17インチモニタ、NANAOのL565がもはや小画面扱いだ。
しかし買った時の値段はNANAOのL565の方が高かった…時代は進歩したもんだ。
あまりにもでかすぎて、画面の上の方を見る時は、見上げるような姿勢になってしまうため、上の方の領域は使いづらいかも。

20160415_6.jpg
4K出力はHDMIとDisplay Portでしかできない。
またモニタ側で、HDMI2.0、DisplayPort1.2に設定しないと60Hz表示ができない。
4K出力できないDVIは、もはや時代遅れのためか入力ポート自体がついてない。
でもアナログのD-Sub入力は未だに付いていたりする。
最初はHDMIで繋いでみたのだが、マウスカーソルがガクガクした動きでおかしいと思い、画面のリフレッシュレートを調べてみたら29Hzになっていた。
どうやら今使っているASUS Z170AではHDMIで4K出力した場合、30Hzが限界のようだ。
しょうがないのでDisplayPortの接続に切り替えたら、無事60Hzで表示されるようになった。
しかしDisplayPort接続だと、モニタの電源を入れ直すと、Windowが左上に寄ってしまうという問題が…(http://www.eizo.co.jp/support/db/faq/351
Googleで「display port 電源オフ」と検索すると、いろんなページがヒットするが、根本的にWindowsでは解決策はない模様…。
うーん、この左上にWindowが寄ってしまうのが地味にムカつく。
これさえなければ快適に使えそうなんだけどなぁ。
posted by kama at 00:16| Comment(0) | 日記

2016年04月09日

デスクトップの整理

20160409_1.jpg
4KモニタBDM4350UC/11を注文したので、届く前にデスクトップの整理を行う事にした。
現状だと机の天板が邪魔で4Kモニタなんて置けそうにないので取っ払う事にする。
PCデスクのサイズは幅110cm奥行き75cm。
BDM4350UC/11の横幅は96.8cmなので、なんとか置けそうな気がするがどうだろう?

20160409_2.jpg
デスクトップを片付けていたら、注文しておいたモニタアームHPのBT861AAが届いた。
エルゴトロンLXのOEM品で、エルゴトロンの奴より7000円くらい安い。
これにBDM4350UC/11を取り付ける予定だが、まだ届いてないので代わりに今使っている24インチモニタBenQ G2400WDを取り付けてみることにする。

20160409_3.jpg
大分デスクトップがすっきりした。
BenQ24インチモニタの幅は55.8cmに対してBDM4350UC/11の幅は96.8cm。およそ1.73倍の大きさだ。
なんかこの机に置くには相当厳しいような気がしてきた。

20160409_4.jpg
アームの取り付け位置も、机の構造的に端っこにしか設置できない。
いざとなったら、机を削るか、アーム取り付け穴を開けるか、そもそも机自体を買い換える等も検討しないといけないかもしれない。
やっぱ4Kモニタはでか過ぎかもしれないなぁ…机の上に置くのは28インチくらいが限界な気がしてきた。
posted by kama at 21:40| Comment(0) | 日記

2016年04月05日

4KモニタBDM4350UC/11注文

まだ先日購入した新PCのセットアップが終わらないが、新PC用の4Kモニタ、PHILIPSのBDM4350UC/11をNTT-Xに注文した(http://nttxstore.jp/_II_PH15371437
まだ発売してない(4月15日発売)モニタなんで予約だけだが、販売価格は77565円で特典としてPQI JAPAN H568V 2.5インチ ポータブルHDD 1TBのHDDが貰えるらしい。
正直言ってこんなでかいモニタ、絶対狭い机じゃ邪魔だろうと思うのだが、4Kの恩恵を受けるためには40インチ以上のサイズじゃないとダメらしいので思い切って購入。
これだけのサイズのモニタにも関わらず、消費電力は63.1Wと結構少ない。
4KはフルHDモニタ4枚分の領域があるので、もうマルチモニタはやめてこれ1台だけで済ませば結果的に消費電力も少なくなって良いか。
設置に関しては、机にそのまま置いても邪魔になるだけなので、液晶モニタアームを使おうと考えているのだが、このモニタはVESA200x200なので、通常のモニタアームVESA100x100だと取り付けできない。
サンコーからVESA変換プレートが出ているのでこれを使うしかなさそう(http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002356/
モニタアーム自体も40インチ以上に対応しているものなんてほぼないが、モニタ自体の重さは10kgくらいしかないので、耐荷重10kg以上の物ならなんとかなるのか?
ひとまず机の周りを整理して設置方法考えないとなぁ。
posted by kama at 22:40| Comment(0) | 日記

2016年04月03日

新しいPCをヤフオクで購入

20160403_1.jpg
およそ8年ぶりにデスクトップPCをヤフオクで購入。
BTOでストアから購入したつもりだったが、取引相手は単なる個人だった。
ヤフオクって個人がBTOのPC売ってるのか。
構成としては

Asus Z170A
Corei7 6700K
メモリ8GB
SSD240GB

と、現在販売されている標準的なPCだ。
ビデオカードは積んでいないが、内蔵GPUだけで3画面出力でき、4Kにも対応しているんだとか。
まぁ4Kは相当しんどそうだけど、今度4Kモニタを買う予定なので試してみよう。
今まで使っていたPCは、Asus MAXIMUM EXTREMEというマザーボードで、発売当時は5万円くらいするハイエンドマザーだったが、何故か発売からしばらくした後、当時1万6千円くらいと高価だったDDR3メモリ付きで3万円という格安で販売されたので、こりゃ安いと思い購入した物だ(http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080329/etc_asusddr3.html
「良いコンデンサ使ってるんで長持ちしますよ」と店員に言われたが、実際は1年も経たないうちに起動不可の故障が発生し、台湾に修理に出して2ヶ月くらい経った後、結局新品になって戻ってきた。
その後は大きなトラブルもなく、OSドライブをSSDに換装したために、速度的にも特に問題なくいまだに使える。
まぁOSがWindowsXPの32bitなので、さすがに古過ぎるか…。

20160403_2.jpg
OS用のドライブはSSDなのだが、相変わらずデータ用のドライブはHDDだ。
HDDはWestern Digitalの6TBHDD、WD60EZRZ-RTをチョイス。
5400rpmの低速ドライブだが、消費電力が少なかったのでこれを選んだ(http://rumatan7144.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
東芝のMD04ACA600でも良いかと思ったのだが、最近は電気代が高いため、少々パーツの値段が安くても消費電力が大きいと電気代で差額分以上持って行かれてしまう。

20160403_3.jpg
あらかじめBIOSをRAID設定でWindows7をインストールしてもらったので、割とすんなりとRAID1を組む事ができた。
しかしこのケース、HDDが縦設置なのか…なんか回転軸に負担がかかってすぐに壊れそう。
6TBという容量も、動画を撮っているとあっと言う間になくなってしまうので、本当はもっと大容量になってほしい。
最近はSSDの容量がHDDの容量を超え始めてきたので、次こそはHDDじゃなくてSSDメインにしたい。

20160403_4.png
Windowsエクスペリエンスの結果。なんか大したことないような?
今まで使っていたHDDからデータをコピーするだけで、残り時間2000分とか表示されてるんで、ちゃんと使えるようにセットアップするのに一週間くらいはかかりそう。
なんか新しいPC買っても、新しい環境に移行するのに物凄い時間がかかって凄くめんどくさい。
このめんどくささのせいで、なかなかPC買い換える気にならないんだよなぁ…もうちょっとなんとかならんのか。
posted by kama at 17:05| Comment(0) | 日記

2016年03月29日

KP41はWindows10にアップグレードすれば直るのか?

KP41のせいで、ずっと調子の悪いLuvBook LB-S210SR(http://blog.karakama.org/article/165903816.html
Mastermind of Kernel Power id 41 problem(http://www5d.biglobe.ne.jp/~the_imai/etymology/my_kp41.html)というページに従い、あらゆる対策を試してみたものの、一向にKP41が収まる気配はない。
それどころか、日に日にKP41の確率が上がってきている気がする。
KP41が起こるのはACアダプタ駆動の時だけで、バッテリー駆動時はなんともないんだよなぁ…。
パソコンお直し隊(http://www.note-pc.biz/)という所に、修理の見積もりを依頼してみたものの、部品入手不可で修理できないとの返答。
うーん、もうどうしようもないのか…。

20160329_1.jpg
KP41がWin7OS起因によるものなら、もしかしたらWin10にアップグレードすれば直るかもしれない。
というわけで、気が進まなかったけどWin10にアップグレードしてみた。
結果は…まず使用している時に、いきなりマウスもキーボードも効かず、音声がバグるというハードフリーズが起こった。
やっぱりハード的にどこか壊れてるのかなぁ?
その後使っていたら、あっさりKP41で電源が落ちて再起動がかかってしまった。
Win10にアップグレードしたところで、結局の所何も解決してないようだ。
代わりのノートPC買おうにも、最近は11.6インチの小さいノートPCがあまり売ってないんだよなぁ。
posted by kama at 22:14| Comment(0) | 日記

2016年03月27日

Hitec K110を広い所で飛ばしてみた

20160327_1.jpg
K110を本格的に飛ばす前にちょっと小加工。
墜落時の衝撃でメインギアが外れやすいとの事なので、メインシャフトにネジをねじ込んでメインギアが外れにくいようにした。
これをやっておくと、サーボギアの破損率が減るらしい。
もともと機体自体が56gと軽いため、落としても壊れにくいようだ。

20160327_2.jpg
屋外で初飛行。
パワーはGAUI EP200に比べるとあんまりない感じだが、ローター回転はスムーズだしテールホールドも良いし安定性はK110の方が上回る感じだ。
機体が小さく軽いため、風には弱いけど、風さえなければかなり飛ばしやすいなぁこれ。

20160327_3.jpg
ほとんど何も調整なしで背面飛行も余裕でできた。
ピルエット速度はそれほど速くないけど、フリップやロール速度はそれなりに速く回っていい感じだ。
もちろん背面でも超安定。
ここまで安定性が高く機動力もあって落としても壊れにくいなら、もうラジヘリはこの機体だけで良いような気もする。
飛ばす場所もあんまりないし、もうこういう小さいヘリだけで十分だわ。
posted by kama at 15:17| Comment(0) | ラジヘリ

2016年03月26日

Hitec K110購入

20160326_1.jpg
久しぶりに新しいラジヘリを買いました。
HitecのK110です(http://hitecrcd.co.jp/products/xk/k110/index.html
艦船プラモとRCマイクロヘリが好き!(http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-category-251.html)によると、このヘリはWLtoysのV977というヘリと基板とテールモーターが違うだけでほとんど同じ機体のようだ。
フタバのS-HFSS方式と互換性があるので、フタバのプロポで飛ばせるのだが、手持ちのプロポ8FGはFASST方式のため互換性がない…なんで2.4GHzは色んな方式があるんだ。
しょうがないので、プロポ付きのRTFセットを購入した。
RTFセット付属のプロポは日本のモード1仕様だが、モード2にも変更できるようだ。
何気にピッチカーブ、スロットルカーブ等が設定でき、モデルセレクトも出来るので、それなりの機能は付いている。
もちろん日本仕様なので技適も通ってる…はず。

20160326_2.jpg
ジャイロのドリフトをキャリブレーションする方法が、隠しコマンドみたいで分かりにくい。
まぁあまりキャリブレーションやる機会はなさそうだが…。

20160326_3.jpg
箱出し未調整で飛ばしてみたところ、何の問題もなく安定してホバリングできた。
ただ、6Gモードは動作がとろすぎてイマイチかなぁ。
3Gモードでしか飛ばす機会はなさそうだ。
banggood(http://www.banggood.com/search/xk-k110.html)に色々パーツが売っているので注文しておくか。
posted by kama at 22:26| Comment(0) | ラジヘリ

2016年03月25日

Turnigy Monster Beatle終了

20160325_1.jpg
久しぶりにTurnigy Monster Beatleを走らせたら、ギアから異音がして、ピニオンギアとスパーギアが削れてしまった。
本当に駆動系にトラブルが多いマシンである。

20160325_2.jpg
ebayからピニオンギアとスパーギアセットを購入。
これで耐久度的にはバッチリ…と思いきや。

20160325_3.jpg
組み込んで試走させてみたら、あっさりギアから異音がしてギアセットが破損してしまった。
どうやらどこかのシャフトが曲がっているのか、ピニオンギアとスパーギアの噛み合わせが悪いようだ。
さすがにこんなにトラブルが多いんじゃ、もう修理する気もないし、ホビーキングでもこのマシンの取扱をやめてしまっているようなので、このまま放置することにした。
小さくてクソ速いけど、トラブルだらけでまともに走らなかったなぁこのマシン…。
posted by kama at 20:29| Comment(0) | 日記

2016年03月21日

あきばお〜で540円のスマフォマウント購入

20160321_1.jpg
秋葉原のあきばお〜に行ったら、自転車用のスマフォマウントが540円で売っていたので思わず購入。
SBBには100円ショップで買ったスマフォホルダーを加工したものを取り付けてあるのだが(http://blog.karakama.org/article/167883438.html)、試しにこの540円マウントに交換してみることにする。

20160321_2.jpg
以前と同じように、クラッチマスターのパイプ部分に取り付けてみた。
スマフォホルダーがでか過ぎてクラッチマスターに当たってしまい、向きの調整ができない…。
MicroUSBのL字コネクタを使い、左側にケーブルを持ってきたのだが、ハンドルを切った時にスクリーンに当たってしまい具合がよろしくない。

20160321_3.jpg
しょうがないので、もうちょっと右側にスマフォホルダーを移動させるため、クランプ部分を削ってクラッチホースに当たらないようにした。

20160321_4.jpg
ちょっとはマシな位置になったけど、やっぱりスマフォホルダーデカすぎだわ…。
やっぱり100円ショップの安物ホルダーで十分な気もする。
まぁ540円と安かったし、しばらく使ってみるか。

posted by kama at 18:42| Comment(0) | バイク