2011年10月30日

INO-LAB HGD201故障

20111030_4.jpg
スワッシュを交換してTAROT ZYXの3Dモードの調整を進めていたのだが、どうもラダーのハンチングが頻発するようになった。
おかしいと思ってラダー周りを調べてみたら、ラダーサーボの動きが異様に悪くなっていた。
どうも壊れてしまったらしい…これだから安物は…。

20111030_5.jpg
しょうがないので手持ちで余っていたD922MG サーボに交換。結局安物である。
まぁ3軸ジャイロだとRevoMIX使って急ピッチ時にラダーを一緒に動かせるので、そんなに高性能じゃないサーボでもテールが抜ける事はないだろう。
テールジャイロオンリーだと、ジャイロ側からピッチ操作を知る事ができず、送信機側からはラダーサーボの状態を知る事ができなかったため、RevoMIXを使う事ができなかった。
このあたりも3軸ジャイロの恩恵と言えるだろう。
それにしても、安物パーツの不具合ばかりでさっぱり調整が進まない…。
posted by kama at 17:55| Comment(0) | ラジヘリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: